聞く技術研究所

女性の活躍がデジタル後進国「日本」を救う【月刊よげんの書2023年6月:よげん8】

2021年、日本の女性テック人材の割合は欧米並みになってきており、EUを超えて、アメリカとほぼ同等の22%近く。女性のプログラマーやSEが増えているのだ。IT業界は女性の異業種、他業種からの転職者が多い。リクルートの調査によると、異業種からの転職が11倍にもなっている。人材不足などもあり、未経験でも就業可能で、育成されるからだ。

2023.09.27

学ぶ人に多くの機会が得られる制度がやってくる【月刊よげんの書2023年5月:よげん2】

雇用の流動性が高いほど賃金の伸びは大きいというOECDの分析結果がある。日本の平均勤続年数は12年で、賃金成長率は過去30年間で約6%と低迷し、海外に比べて大幅に見劣りする。経団連は働き手がスキルを身につけて転職することを肯定的にとらえる意識改革が必要だと提起している。ドライブをかける労働移動を推し進めるアクションや政策が始まりつつある。

2023.08.21

副業でキャリアアップをする人が増える【月刊よげんの書2023年4月:よげん9】

ウェディングプランナーから採用コンサルタントへ副業でリスキリングし転職した人がいる。コロナで結婚式が減り、働く日が減ったので、副業としてプロジェクトマネージャーとして勤務したのを機会にして、転職して採用コンサルタントになった。リスキリングが副業をきっかけになったり、リスキリングしたものを副業で検証したりすることが起こるかもしれない。

2023.08.08

リスキリング迷子が増加する【月刊よげんの書2023年4月:よげん7】

転職サイトの「Re就活」の調査によると、若い人ほど、リスキリングへの意識が高いという調査結果が出た。リスキリングに取り組みたい、という人は8割を超えた。労働環境の変化を敏感に感じ、一生同じ会社で働くのではなく、スキルを身に着けて上に上がっていく考え方が浸透しているのだろう。一方で、迷子になっている人もいるようだ。

2023.07.21