KEYWORDS : 流通

店頭・広告・WEB上には、商品をアピールするためのキャッチコピーが溢れています。生活者が惹かれ、購買行動を起こすキャッチコピーやプロモーションはどのようなものでしょうか?
今回の調査では、2019年に調査した「商品のキャッチコピー」に関する調査結果をさらにパワーアップさせ、【食品/飲料/日用品/化粧品】などの商品カテゴリ別に調査しました。

総合スーパー(GMS)、食品スーパー(SM)、ドラッグストア(DRG)、ホームセンター(HC)などで発行される折込チラシを分析することで、店頭での販促企画を知ることができます。
今回は、いつものレポートとは異なり、新型コロナウイルスの影響で大きく変化したチラシ発行の現状や、その内容の変化について、弊社カバーしているすべてのチェーンのデータからレポートしました。
新型コロナウイルスによって、チラシはどのような影響を受けているのでしょうか。

総合スーパー(GMS)、食品スーパー(SM)、ドラッグストア(DRG)、ホームセンター(HC)などで発行される折込チラシを分析することで、店頭での販促企画を知ることができます。
今回は、2020年3月の地方フェアに関するチラシに注目しました。『地方フェア』企画はやや増加しており、以前より人気のある北海道・沖縄に限らず、各地域の商品を集めたフェアの実施が見られました。また、メニュー提案では駅弁や海鮮丼などの出来上がったものだけではなく、ご当地料理として、ご当地食材と地域の食べ方を合わせて提案するケースも多く見られました。

総合スーパー(GMS)、食品スーパー(SM)、ドラッグストア(DRG)、ホームセンター(HC)などで発行される折込チラシを分析することで、店頭での販促企画を知ることができます。
今回は、2020年2月のひなまつりに関するチラシに注目しました。ひなまつりは家族みんなで楽しむ提案が目立ち、「ごちそう・パーティー」の企画や「アルコール系商品」の提案回数が多い傾向となりました。また、2020年はうるう年でしたが、その影響はチラシに出ているのでしょうか。

総合スーパー(GMS)、食品スーパー(SM)、ドラッグストア(DRG)、ホームセンター(HC)などで発行される折込チラシを分析することで、店頭での販促企画を知ることができます。
今回は、2020年2月の節分に関するチラシに注目しました。節分企画は2019年と比べ、やや増加傾向となっています。掲載期間の長期化により、時期によって提案内容を変化させるなどの工夫もみられます。またチラシには、新型コロナウイルスの影響が出ているのでしょうか。

総合スーパー(GMS)、食品スーパー(SM)、ドラッグストア(DRG)、ホームセンター(HC)などで発行される折込チラシを分析することで、店頭での販促企画を知ることができます。
今回は、2020年1月の成人の日に関するチラシに注目しました。成人の日は必ず三連休となるため、週末チラシでの販促が行いやすいのが大きな特徴です。一方で、成人の家族がいない家庭へはどのような訴求の工夫がされているのでしょうか。

総合スーパー(GMS)、食品スーパー(SM)、ドラッグストア(DRG)、ホームセンター(HC)などで発行される折込チラシを分析することで、店頭での販促企画を知ることができます。今回は、2020 年1月の大寒に関するチラシに注目しました。
1月には、「お正月」という大きなイベントがありましたが、「大寒」にはどのようなチラシ提案が行われたのか。また、各社のチラシはどのような結果になったのでしょうか。

総合スーパー(GMS)、食品スーパー(SM)、ドラッグストア(DRG)、ホームセンター(HC)などで発行される折込チラシを分析することで、店頭での販促企画を知ることができます。
今回は、2019年12月の鍋に関するチラシに注目しました。12月には、クリスマスという大イベントもありましたが、鍋とはどんな関係性になったのでしょうか。また、各社のチラシはどのような結果になったのでしょうか。

総合スーパー(GMS)、食品スーパー(SM)、ドラッグストア(DRG)、ホームセンター(HC)などで発行される折込チラシを分析することで、店頭での販促企画を知ることができます。
2019年12月は、クリスマスという大イベントもあり、また令和元年ならではの「令和最初の」といった訴求も見られました。各社のチラシはどのような結果になったのでしょうか。

ペットボトル飲料のメジャーなサイズは、350ml、500ml、1.5Lですが、生活者からみてその容量は適量なのでしょうか?お茶・麦茶・ジュース・炭酸飲料・コーヒー/コーヒー飲料などについて、味・風味の変化を感じるかなどを調査しました。

総合スーパー(GMS)、食品スーパー(SM)、ドラッグストア(DRG)、ホームセンター(HC)などで発行される折込チラシを分析することで、店頭での販促企画を知ることができます。
2019年11月は、「ブラックフライデー」などのイベントともに、「お正月」、「クリスマス」などの早期提案もスタートしている時期ですが、各社のチラシはどのような結果になったのでしょうか。

総合スーパー(GMS)、食品スーパー(SM)、ドラッグストア(DRG)、ホームセンター(HC)などで発行される折込チラシを分析することで、店頭での販促企画を知ることができます。2019年10月は、ハロウィンという一大イベントもあり、また○○の日のような「記念日」の多い月です。店頭の販促企画も賑わいを見せる時期ですが、各社のチラシはどのような結果になったのでしょうか。

総合スーパー(GMS)、食品スーパー(SM)、ドラッグストア(DRG)、ホームセンター(HC)などで発行される折込チラシを分析することで、店頭での販促企画を知ることができます。2019年9月は「秋のお彼岸」などのイベントともに「増税」が行われた時期でもあります。各社のチラシはどのような決行であったのか分析いたしました。

今では多数存在するプライベートブランドですが、1960年ごろから存在はしていましたが、あまり存在感のあるものではありませんでした。プライベートブランドが本格的に立ち上がったのは、2008年のヒット商品やヒット番付で選出された2008年頃になります。それから11年、プライベートブランドは生活者にとってどのような存在なのか調査を行いました。

店頭・広告・WEB上には、商品をアピールするためのキャッチコピーが溢れ、様々なプロモーションが行われています。生活者が惹かれ、購買行動を起こすキャッチコピーやプロモーションはどのようなものでしょうか?今回の調査では、アテンションをとるためのキャッチコピーや、サンプリングやインスタグラムなどのプロモーションの影響度合いについて調査しました。